スーツのシミ抜き方法。汗ジミや皮脂汚れの黄ばみはキレイに落とせる?

お仕事で毎日着ているスーツ。

 

旦那様やワーキングママにとって欠かせないスーツに汗ジミや皮脂汚れのシミが…、なんて事やどこで着いたか分からない食べ物のシミが…なんで事ありますよね。

 

そうなると、クリーニングに出さなきゃ…いくらになるんだろうと思っている方。

ちょっと待ってください!

 

クリーニングに出さずともお家でシミ抜きをする事ができるんです。

今回の記事ではスーツのシミ抜きの方法についてご紹介します。

スーツはシミ抜きできる?

スーツのシミ抜きは自分でできないイメージがありますよね。

ですが、スーツでも自宅でシミ抜きができます。

 

スーツのシミ抜き方法をご説明する前にシミについてお話しします。

 

シミには主に3つの種類があります。

シミの種類によって落とし方が変わるので、簡単にご説明します。

シミの種類

  • 水溶性
  • 油溶性
  • 不溶性

 

水溶性について

水溶性のシミは水分を含んでいて、水で溶けやすい性質があります。

例:ジュースやワインなど

 

油溶性について

油溶性のシミは油分を含んでいて油で溶けやすい性質です。

例:ファンデーションや口紅、皮脂汚れ、ペンの汚れなど

 

不溶性について

不溶性のシミは水や油で溶けない性質のものです。

例:泥や墨など

 

スーツのシミ抜き方法

シミの種類が分かったところで早速シミ抜き方法についてご説明いたします。

 

また、外出先などでスーツにシミがついてしまうことありますよね。

シミ抜き方法について外出先での応急処置も併せてご説明します。

 

シミ抜きをする際には必ずスーツの洗濯表示の確認しましょう。

新洗濯表示マークやタグの見方は?意味を理解して正しく洗おう。

家でのシミ抜き

家でのシミ抜き方法について今回は水溶性のシミと油溶性のシミの落とし方をご説明します。

水溶性のシミ

用意するもの

タオル

歯ブラシ(使い古しでOK)
中性洗剤
アルコール

落とし方

タオルを2つ折りにしてシミの部分がタオルに接するように下に敷きます。

 

水を含ませて固く絞った布か水を含ませた歯ブラシでたたき込み、下に敷いたタオルにシミを写し取ります。

 

タオルの位置を変えて同じようにたたき込みます。シミの色がつかなくなったら水分をタオルで吸い取ります。

 

※水で落ちない場合は中性洗剤を使用して同じようにたたき込みながら落としていきます。

そのあと、洗濯可能であれば洗濯します。

 

ワインやジュースなどは中性洗剤でも落ちない場合がありますので、アルコールを含ませ同様にたたいて落とすのをおすすめします。

油溶性のシミ

用意するもの

タオル

歯ブラシ
中性洗剤
アルコール
ベンジン

落とし方

まず、乾いた布で油分を吸い取ります。

※水分を含ませた布で拭き取らないように注意しましょう。

 

水溶性のシミと同じように落としていきますが、水ではなく中性洗剤で行います。

口紅の場合は、中性洗剤の前にアルコールやベンジンを含ませた布を使用して落とします。

 

水溶性、油溶性の判断がつかない場合は霧吹きでシミの部分に水をかけて、水が染み込む場合は水溶性で、水が染みまない場合は油溶性です。

 

また、中性洗剤を使用するときは目立たない箇所で色落ちがしないかどうか確認しましょう。

外出先でのシミ抜き(応急処置)

外出先でシミになっていることに気づいたら、がっかりして気分が落ち込んでしまいますよね。

 

私も食事のときにシミがついてしまってどうしよう⁉︎と焦ってしまいます。

 

外出先では、出来ることが限られますが、まずティッシュやハンカチを用意します。

 

シミにがついたばかりであれば、汚れを吸い取るようにティッシュやハンカチで抑えます

 

シミになってしまったときはシミの下にハンカチを置いて水で濡らしたティッシュを軽く絞り、シミの部分をたたいていきます。

 

次にスーツを裏返してシミの部分を裏からもたたき込みます。

下に敷いたハンカチに汚れを移すようなイメージです。

 

そうするとシミがだいぶ取れますので、あとはご自宅に戻ってから家で洗濯をします。

 

シミを落とすときは焦っていて擦って落とそうとしてしまいそうですが、たたくのがポイントですので擦らないように注意しましょう。

さもないと返って汚れを広めてしまいます。

 

油溶性のシミの場合は乾いたティッシュやハンカチで汚れを吸い取るだけにしておきましょう。

ここでも同じように擦らないように注意が必要です。

 

スーツの汗ジミの落とし方

夏に限らず日中汗をかくことがあると気になるのが汗ジミですよね。

 

大事なスーツに汗ジミが着いてしまうと落ち込んでしまいます。

 

そしてスーツだけでなく白いシャツにも汗で黄ばんでしまったりすることもあると思います。

上着を脱ぐことをためらってしまって余計汗をかいてしまいますよね。

 

なので新品とまではいきませんが、自分でできる家での汗ジミの落とし方をご紹介いたします。

用意するもの

中性洗剤
スプレー
スチームアイロン
歯ブラシ(使用済みでOK)
タオル

落とし方

中性洗剤を溶かした水を入れたスプレーを用意します。

汗ジミの部分に吹きかけます。

 

そのあと、スチームアイロンの蒸気をしっかり当てます。

 

汗ジミの部分に裏からタオルを当てて歯ブラシでタオルに移しとるようにたたき込みます。

 

これを5回ほど繰り返します。

そのあと、洗濯できるタイプのスーツであれば洗濯します。

省子
スチームは汗の臭いにも効果的だよ

 

シャツの黄ばみの落とし方

汗ジミや皮脂がつき、シャツが黄ばんでしまうことあると思います。

毎日洗濯しても、どんどん蓄積された汗や皮脂汚れは頑固ですよね。

 

次にシャツの黄ばみについてご紹介いたします。

用意するもの

台所用洗剤
歯ブラシ
バケツ
酸素系漂白剤

落とし方

黄ばんでいる部分に台所用洗剤をたらします。

 

次に歯ブラシで洗剤を伸ばしながらこすります。

 

台所用洗剤は皮脂汚れを除く働き、黄ばみを落とすには最初に皮脂汚れを落とします。

 

バケツにお湯をはり、酸素系漂白剤を入れてよく混ぜます。そこにシャツを入れて30分ほどつけておきます。

省子
お湯は40℃から50℃にするといいよ
ゆう太
酸素系漂白剤は粉末を利用するのもおすすめだよ

 

シャツをつけ置きして時間がたったら、軽く絞って洗濯機に入れて洗濯をします。

 

もし思った以上に頑固な黄ばみの場合も落とし方をご紹介いたします。

 

用意するもの

クレンジングオイル
酸素系漂白剤
重曹
バケツ
スチームアイロン

  1. 落とし方黄ばんだ部分に指でクレンジングオイルをまんべんなく塗り込む
  2. 重曹と酸素系漂白剤を1:1になるようにお湯のはったバケツに入れよく混ぜる
    ※お湯の温度は40℃くらいがおすすめです。
  3. 重曹と酸素系漂白剤を混ぜた専用液を黄ばんだ部分にまんべんなく塗り込む
  4. すぐにスチームアイロンをあてる

 

省子
重曹は粉末だから、酸素系漂白剤も粉末タイプの方が混ぜやすいね
ゆう太
スチームアイロンは温めておいたほうがいいね

 

スーツの汗ジミ対策

汗ジミの落とし方が分かったところで次に汗ジミがつかないようにするための対策をご説明いたします。

 

  • インナーを着る
    インナーが汗を吸収してくれるのでシャツやスーツに響きにくいので、汗ジミを防ぐことができます。
  • スーツやズボンを干す
    汗を吸い込んだスーツやズボンを裏返しにして、風通しを良くして干します。
    汗を早く乾かすことができるので汗ジミになるのを防ぎます。

 

この時に消臭スプレーを吹きかけるのも臭い対策や除菌ができるのでおすすめです。

 

まとめ

さて今回はスーツのシミ抜き方法についてご説明しました。

 

簡単にまとめると

  • スーツの洗濯表示の確認
  • シミの種類を見分ける
  • こすらず、たたいて落とす
  • 汗ジミには蒸気

です。

 

また、今回ご紹介したシミ抜き方法でも上手く落とせなかった方や、スーツを痛めたくない方は素直にクリーニング屋さんへ持っていきましょう!

ワイシャツやスーツのクリーニングの料金相場は?汗ジミの落し方は?

 

シミ抜きの対処方法を知っていると落ち着いて対処できるので安心ですね。

是非参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です