生乾きのイヤな臭いを消す方法。原因と対策を知ってもう臭わせない!

毎日洗濯しているのに着てから少し経つと臭ってきたり、顔を拭く時のタオルがなんか臭い…

 

部屋干ししたわけでもないのに、生乾きの臭いがしたことありませんか?

 

楽しくお出かけしてても、服からの生乾き臭1つでなんだか気持ちが沈んでしまうこともありますよね。

 

そこで今回は、生乾きのイヤな臭いの原因をまず知って、その臭いを消す方法と対策についてご紹介しようと思います。

 

生乾きの臭いの原因は?

洗濯したのにどうして生乾きの臭いがしてしまうのかというと、主な原因は雑菌なんです。

洗濯した服が乾くのに時間が掛かると、この雑菌が繁殖して臭いを発生させています。

 

雑菌の正体はモラクセラ菌

生乾きの臭いの原因である雑菌はモラクセラ菌と言います。

モラクセラ菌とは

人や動物の口などの粘膜にいる常在菌で乾燥や紫外線に強く、熱に弱いのが特徴で60度以上の熱を加えると殺菌できます。

 

ですが、実はモラクセラ菌自体が臭うわけではありません。

 

なぜ臭ってしまうのかというと、特に部屋干しのときや冬のときは乾くのに時間がかかるため、増殖します。

 

そして人間の皮脂や汚れをエサにしているので、モラクセラ菌が出したフンがあのイヤな生乾きの臭いを発生させます。

 

そして普通に干していても、モラクセラ菌は紫外線にも強いので天日干しにしても一部は残ってしまいます。

 

着る前には臭わなくても雨や人の汗などでも水分があると増殖しますので、いわゆる戻り臭としても匂いを発生させてしまいます。

 

カビや洗い残しにも注意

モラクセラ菌の増殖が臭いの主な原因ですが、それ以外にも臭いを発生させてしまう原因があります。

 

それは洗濯槽のカビや洗濯の洗い残しです。

洗濯槽の裏に知らないうちにカビがはえていることがあります。

 

洗濯を回すとその洗濯槽のカビと一緒に洗うことになり、カビが服に付着して臭いの原因になります。

 

洗濯の洗い残しでは、服を洗濯機に多く入れてしまって汚れが落ちなかったり、洗剤を多く入れてしまって溶けきれず残ってしまうことが原因です。

 

服に付いている汚れが落ちずに菌の繁殖を助長させてしまい、臭いが発生します。

 

生乾きのイヤな臭いの消し方

原因が分かったところでどうしたら臭いを消せるかについてご紹介します。

消臭スプレーを使用する

着る前は大丈夫だったのに外出先や仕事中に生乾きのイヤな匂いがすることありませんか?

 

そんなときは消臭除菌スプレーを使用しましょう。

 

消臭除菌スプレーは消臭効果はもちろんですが、雑菌の繁殖も防いでくれるので手軽に臭いを消すことができます。

関連:部屋干しするとなぜクサイ?臭い対策に除湿器やスプレーは効くの?

 

熱湯を使う

原因菌であるモラクセラ菌は60℃以上で殺菌することができます。

60℃はどれくらい?

温度を設定してお湯を出せる方は必要ないかと思いますが、設定できない場合や温度計がない場合は60℃がどれくらいなのか分かりにくいですよね…。

 

そこでだいたいですが、60℃を知る方法を簡単にご紹介したいと思います。

・鍋の底を見る
お湯を沸かすと、鍋の底に小さな泡が現れ始めるときの温度がだいたい60℃になります。

・沸騰したお湯に水を足す
お湯を沸かすときに入れた同量の水を沸騰したお湯に入れるとだいたい60℃になります。
また、このときに混ぜると55℃くらいになります。

省子
沸騰させてしまったときに冷ますより簡単だね!

 

さて、60℃のお湯を用意できたら以下の手順に沿ってください。

  1. バケツや桶に60℃以上のお湯を入れる
  2. 服を入れて30分程度つけ置く
  3. つけ置いた服を通常通り洗濯する

 

これが1番簡単な方法です。

 

ただ、お湯は時間が経つと冷めてしまいます。そうすると殺菌効果が半減してしまい、臭いを消せなくなってしまいます。

 

うっかりお湯が冷めてきてしまったら重曹(小さじ1杯)や酸素系漂白剤をお湯に混ぜてつけ置くことで殺菌、除菌、消臭することができます。

 

お湯は完全に冷めてしまうと効果がなくなってしまうので注意が必要です。

冷めてしまっても40℃くらいが理想です。

省子
酸素系漂白剤を使うときは色落ちしないか確認してね。

 

モラクセラ菌は熱に弱いのでコインランドリーを使用するのもおすすめです。

コインランドリーにある乾燥機は約80℃にもなるので原因菌を殺菌できます。

 

生乾きのイヤな臭い対策

ここまで、生乾きの臭いの原因と消し方についてご紹介しましたが、次は生乾きの臭い対策を触れてみます。

モラクセラ菌を増やさないために

モラクセラ菌を増やさないために確実に汚れを落とすことが重要です。

 

洗濯するときに洗濯機に服を入れすぎないようにして、洗剤も溶けきれないと汚れが落ちないので量も適量を入れましょう。

ゆう太
特に冬の洗濯は粉末だと溶けきれないことがあるよね

 

また、ときどき酸素系漂白剤を使用して洗濯するとカビも菌と一緒に落とすことができます。

※酸素系漂白剤を使用するときは洗濯マークを確認しましょう。

関連:新洗濯表示マークやタグの見方は?意味を理解して正しく洗おう。

 

洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯が終わったあと洗濯機に服を長い間放置しているとモラクセラ菌が増殖してしまいますので、終わったらなるべく早く干しましょう。

 

干すときは服と服の間をしっかり空けて干すようにします。

そうすると風が通るので早く乾かすことができます。

 

部屋干しの場合も扇風機やエアコンを利用して風を送るようにするとモラクセラ菌の繁殖を抑えることができます。

 

洗濯機を定期的に掃除する

洗濯機の洗濯槽の裏側は見えないのですが、カビがはえていることもあります。

 

洗濯するときにそのカビが服に付着してしまうと臭いの原因になりますので、定期的に掃除をすることをおすすめします。

 

また、洗濯をするときに服を入れた後に洗濯槽にお湯を溜めて重曹をスプーン2杯ほど入れて溶かしておきます。

 

あとは通常通り洗剤を入れて洗濯します。

そうすることで服の汚れだけでなく洗濯槽の汚れを落とすことができるので日々のお洗濯におすすめです。

省子
一石二鳥だね
ゆう太
重曹は水に溶けにくいからお湯に溶かすのがポイントだよ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は生乾きのイヤな臭いの消し方と原因、対策についてご紹介しました。

 

まとめると

  • 原因はモラクセラ菌
  • モラクセラ菌は熱に弱い
  • 増殖させないようにする
  • お湯と重曹、酸素系漂白剤で殺菌
  • 洗濯機を定期的に掃除する

です。

 

生乾きの臭いは本当にイヤですよね。

原因菌を除去して毎日快適に過ごせるように、今回の情報が日々のお洗濯のお役に立てればと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です