毛布を洗濯する時の洗剤やネットは?入らない時はクリーニングへ

寒くなってきたからそろそろ毛布を出して使いたいけど、なんだかカビくさいな…と思ったことはないでしょうか?

 

実は冬でも汗や皮脂の汚れが毛布につきますし、長い間しまっていると毛布にはダニがついていたり、湿気でカビが生えていることもあるんです。

 

ということで、ぜひとも毛布は洗濯したいところですが、洗剤はどんなのがいいの?ネットは使用するの?といった疑問がある方もいるかと思います。

 

そこで今回は、毛布の洗濯方法についてご紹介しようと思います。

毛布は洗濯機で洗える?

結論から言うと毛布は洗濯機で洗えます。

しかし、毛布の生地によっては水洗いがダメなものもあります。

 

まず、洗濯できる生地と出来ない生地を説明します。

洗濯(水洗い)OK

ポリエステル

アクリル

マイクロマティーク

マイヤー

ウール

省子
ウールは手洗いのみだよ
洗濯(水洗い)NG

シルク

カシミヤ

キャメル

また、生地の素材と一緒に洗濯表示も確認することをおすすめ致します。

新洗濯表示マークやタグの見方は?意味を理解して正しく洗おう。

毛布にはどの洗剤?

洗剤は粉末タイプと液体タイプがあるのでどれを使えばいいか迷いますよね。

どちらももちろん使用できますが、出来れば液体洗剤をおすすめします。

 

粉末タイプの洗剤ですと溶けきれず、毛布に残ってしまう可能性があります。

 

また、おしゃれ着用の洗剤(中性洗剤)の使用も生地を痛めにくいのでおすすめです。

毛布に柔軟剤をプラスするのもおすすめです。

 

毛布がゴワゴワになるのを防ぐことができますし、お気に入りの香りにできます!

ふわふわの毛布や自分の好きな香りに包まれて寝る瞬間は最高に気持ちいいですよね。

毛布の洗い方

洗濯機で毛布を洗えるのは分かったけど、そのまま入れていいのか気になるところ。

なので、次は洗い方についてご説明します。

 

まず毛布を屏風たたみにします。

屏風たたみとは
ジャバラ状(山折り、谷折りを繰り返す)に折りたたむこと。
最終的に長方形になります。

その後、屏風たたみにした毛布を半分に折りたたみ、ネットへ入れます。

 

半分でもネットに入らない場合は、半分ではなく更にジャバラ状に正方形になるように折りたたみます。

 

ご自宅に毛布が入るネットがない方はやっぱり洗濯機で洗えないの?と思った方もいらっしゃいますよね。

 

その場合は、先ほどご紹介した毛布を屏風たたみにしたあと、くるくるっと丸めて洗濯機に入れて洗います。

 

上手く丸まって洗濯機に収まらない場合、色移りしない紐で軽く結ぶと良いですよ。

洗濯機の容量について

さて、毛布の洗い方と洗剤については分かったけど、そもそもご自宅の洗濯機に入るのかはきちんと確認しておきましょう。

 

ご自宅の洗濯機にはどんなサイズの毛布が洗えるのか、また洗濯機の容量はどれくらいあれば良いのかをご紹介致します。

容量6キロ

シングル毛布(1枚仕立て) 1枚

容量7キロ

シングル毛布(2枚仕立て) 1枚
or
ダブル毛布(1枚仕立て) 1枚

容量8キロ

シングル毛布(1枚仕立て) 2枚
or
ダブル毛布(2枚仕立て) 1枚

ご自宅の洗濯機の容量に合わせて、毛布を洗いましょう。

毛布の干し方

洗濯が終わったらしっかり干していきましょう!

毛布を干す時は布団とは少し違った方法でやると早く乾かせるので、その干し方についてご紹介致します。

 

  • 物干し竿を2本用意して、物干し竿との間を弛ませるように毛布を掛けます。
    (M字になるようなイメージです。)
  • このように干すと風を通すことができるので早く乾かす事が出来ます。
  • 物干し竿が2本ない場合は、物干し竿にいくつもの頑丈なハンガーを掛けた状態で毛布を掛けて干すと毛布に隙間が出来て風を通すことが出来ます。

 

そして、どうしても干す場所の確保が難しい方は毛布をコインランドリーで乾かすのもおすすめです。

コインランドリーで布団を洗うときの費用や時間。乾燥のみの効果は?

入らない時はクリーニングへ

毛布がどうしても自宅の洗濯機に入らない、洗濯できても干す場所がない、そんなときは潔くクリーニング屋さんを利用するようにしましょう。

 

クリーニング屋さんを利用すると毛布がふわっと仕上がるだけでなく、家庭では除去しきれないダニをかなり効果的に除去できるメリットがあります。

まとめ

さて、今回は毛布の洗濯方法についてご紹介しました。

簡単にまとめると

  • 毛布は洗濯機で洗える
  • 毛布の生地、洗濯表示を確認する
  • 毛布を洗濯機に入れるときは屏風たたみ
  • 屏風たたみにしてネットに入れる
  • ネットに入らないときはロール状にまるめて入れる。
  • 干すときはM字で空気が通るようにする

 

省子
それでも干せないときはコインランドリーだね
ゆう太
洗濯機に入らないときもクリーニング屋さんだね

毛布を洗濯できると清潔に保てますし洗濯したてはやはり気持ちいいですよね。

 

また、毛布のクリーニングは、シーズン毎にクリーニングを利用すると快適に使用することができます。

 

今回の記事が少しでも皆さんの快適な睡眠の一助になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です