布団やマットレスのカビが赤ちゃんに及ぼす影響について。

ポツポツと現れる黒い斑点。

布団にカビが繁殖していたらゾッとしますよね。

 

自分の使っている布団にあるだけでも嫌なカビ。

小さな赤ちゃんの布団に繁殖していたら……。

 

今回は布団やマットレスのカビが赤ちゃんに及ぼす影響を調べてみました。

基本的なカビ対策も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

カビが赤ちゃんに及ぼす影響

赤ちゃんの大切な生活空間である布団がカビだらけだったら、どんな影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

 

カビが体に悪いことはわかりきったことですが、赤ちゃんの体にどんな悪影響を及ぼすのかより詳しくみていきましょう。

カビを吸い込むことでアレルギーに

カビを吸い込むことによってアレルギー性の鼻炎喘息など呼吸器に疾患を発症する可能性があります。

一度アレルギーになってしまうと大きくなってもなかなか治りません。

 

カビに触れることでアトピーに

カビが肌に触れることでアトピーなどの皮膚疾患になってしまうことも。

 

どちらの症状も、その時一回だけの疾患ではなく長い間その症状に悩まされてしまいます。

大切なお子さんが苦しい思いをしなくて済むように未然に防いでいきましょう。

 

また、大人でも免疫力が低下している時にカビの菌を吸い込むことで様々な感染症を発症してしまうことがあります。

 

免疫力の低い赤ちゃんがカビの菌を吸い込むことで感染症を発症した結果、重症化してしまうことも……。

 

カビのせいで赤ちゃんを危険にさらしてしまうなんてとても怖いですよね。

 

赤ちゃんのいる家庭では特にしっかりと対策をしてカビから赤ちゃんを守ってあげましょう。

我が子を守るカビ対策

赤ちゃんの布団のカビ対策は基本的には大人が使っている布団で行なっているものと同じです。

 

天日干し

晴れている日はしっかりと天日干しをしましょう。

干すときは片面だけでなく、両面しっかりと太陽の光に当ててください。

 

とは言っても赤ちゃんは布団で過ごす時間が長いのでなかなか長時間布団を干すことって難しいですよね。

 

そんな時は、お昼寝用の布団や座布団などを利用して愛用の布団の湿気をしっかりとってあげてください。

 

部屋の換気

いくら布団を干して湿気を取り除いても部屋に湿気がこもっていたら意味がないですよね。

 

毎日部屋の換気をするだけでも空気中の水分量が減ってカビ対策になります。

 

新鮮な空気を部屋に取り込むと気分もスッキリするのでこまめに換気をしてみてください。

 

布団の除湿シートの使用

布団の下に敷くことで湿気をとってくれる布団の除湿シートを活用するのもいいですね。

 

シートが湿気をたくさん吸って色が変わったらシートを干すサインです。

 

繰り返し使うことができて湿気対策に効果的ですよ。

汗っかきな赤ちゃんにはぴったりですね。

 

大人でも夏場の汗をよくかく季節や、特に汗っかきな人はぜひ布団の除湿シートを使ってみてください。

 

布団と床の間に敷くだけで湿気対策に。

カビ対策だけでなく、フローリングの痛みも防げますね。

 

この他にもカビ対策がありますがこちらの記事で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

布団敷きっぱなしで湿気ベタベタに!簡単にできるカビ対策を紹介。

 

赤ちゃんの布団はカビが繁殖しやすい!?

スヤスヤと気持ちよさそうに眠る赤ちゃんはとてもかわいいですよね。

実は赤ちゃんが眠っている布団はカビが繁殖するには好条件な場所だって知っていますか?

 

赤ちゃんは汗っかき

体の小さな赤ちゃんですが、汗腺の量は大人と同じ。

そして新陳代謝のいい赤ちゃんはとても汗っかきなんです。

 

寝ているときの汗の量はなんと大人の2倍!!

たくさん汗をかいた布団はカビが繁殖しやすい環境になってしまっています。

省子
小さな体で大人の2倍も汗をかくなんてびっくり!!

 

一定の湿度を保つため

赤ちゃんのいる家庭では冬場の乾燥しやすい時期に湿度を保つために加湿器を使用することも多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃんが寝ている場所の近くに加湿器を置いている場合、布団も湿気を吸ってしまいます。

 

赤ちゃんのために湿度を保っているのに、布団のお手入れに気を使わなかったら赤ちゃんの健康に害を及ぼしてしまうかもしれません。

ゆう太
カビ対策をしっかりしてあげなくちゃ!

 

まとめ

布団のカビが赤ちゃんに及ぼす影響をおさらいしてみましょう。

  • アレルギーや呼吸器の疾患を引き起こす
  • アトピーなど皮膚疾患に
  • 他にも病気を引き起こしてしまう原因に

 

汗っかきな赤ちゃんの布団はどうしても湿気がたまりやすくなっています。

 

日頃から湿気を溜め込まないようにと意識していくことが大切ですね。

 

日頃からできるカビ対策をして大切な我が子をカビから守ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です