布団を毎日上げるのがめんどくさい人へ。簡単に出来るカビ対策!

気づけば布団にカビが生えていた、という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

私もその1人で、ずっと敷いたままにしていた布団にカビが生えており、布団を新調せざるを得ませんでした。

 

カビ対策といえば、布団を毎日上げるという方法がありますが、正直面倒くさいですよね。

そこで、布団を上げなくても出来る簡単なカビ対策をご紹介します。

布団を毎日上げるのが面倒な人のためのカビ対策

毎日布団を上げなくても、簡単に出来るカビ対策は沢山あります

 

しかし、それぞれの方法には注意しなければいけないことがあります。

それをやらないと、逆にカビの被害が大きくなったりするので気をつけてください。

 

カビが生えている面積が大きいと手遅れな可能性があり、新調をした方が良い場合もあります。

省子
カビ対策をしているのにカビ被害が大きくなると本末転倒よね…

フローリングではなく、畳の部屋に布団を敷く

畳は湿気を吸収してくれる働きを持っているので、

フローリングの部屋に布団を敷くよりカビ対策には効果的です。

 

ただし、吸湿効果があるといっても布団を敷き続けると畳にもカビが生えることがあります。

ゆう太
畳にはそんな効果があったんだ!

吸湿マットや断熱マット、すのこ、コルクマットなどをフローリングや畳と布団の間に敷く

この方法はフローリングでもカビを気にせずに布団を敷けます。

布団とフローリングや畳の間に吸湿素材を入れると布団とフローリングや畳の両方を除湿出来ます。

 

畳と同じようにずっと吸湿素材を布団の下に敷いていると吸湿効果が薄れてしまう場合があるので、定期的に日干しを行うと良いでしょう。

布団の上に汗を吸収するタオルやバスタオルなどを敷く

人は寝ている間に大量の汗をかくので、その汗が布団の湿度を上げ、カビの発生を助長させてしまいます。

 

さらに人の古い皮膚やホコリなどがカビの餌になるので、人が布団に直に寝ることがカビの原因のひとつであると考えられます。

 

なので布団と人の間に1枚バスタオルや何か敷くものを挟むとカビが発生しにくくなります。

寝室の換気

カビは乾燥に弱いので、布団を敷いている部屋を換気しましょう。

部屋の湿気が逃げるのでカビ対策に効果ありです。

 

布団は窓の風が当たる位置もしくは空気の流れがある場所に置きます。

湿度が高い時や雨の日にはやらないようにしましょう。

布団を日干しする

カビは乾燥を嫌うので、日干しはカビに非常に効果的です。

 

毎日する必要は無いので、2週間に1回から2回程度行うと良いでしょう。

布団を干す時間帯はお昼頃が最適です。

 

布団をあまり長く干すと傷んでしまう可能性があるので、30分から2時間程度で布団を取り込みましょう。

 

もし時間があれば、干している最中に布団を裏返すと満遍なく布団が乾燥します。

布団の上でお菓子や主食を食べない

人が食べるようなお菓子やご飯、パンの屑はカビの餌にもなります

 

こぼしていないつもりでも食べ物のカスが布団に落ちていたりします。

ジュースや水も、もし零すとカビの餌及び布団の湿気を助長することになります。

 

布団の上では飲食を控えることをおすすめします。

もし布団の上に食べかすが落ちてしまったり、ジュースや水をこぼしてしまった時はすぐに対処しましょう。

 

食べかすや濡れた場所をタオルやティッシュで拭き取るだけでもカビの発生を遅らせられます。

カビが生える原因とは?

カビが生える原因は、

  • 60%以上の湿度
  • 20℃以上の温度
  • 食品、畳、布団、ガラス、コンクリート、金属、ゴミ、ホコリといったエサ
  • 酸素

 

この4つが揃っている環境に布団を置いていることです。

つまり、4つのうちいずれかの対策を行えばカビは生えてこないことになります。

 

もしカビが生えてしまったら?

洗濯用漂白剤や重曹、消毒用アルコールなどを使う

洗濯用漂白剤や重曹、消毒用アルコールを使ってタオルや歯ブラシなどでカビが生えた場所を拭います。

カビが取れたら消毒用アルコールでスプレーし、滅菌します。

 

洗濯用漂白剤を使用する場合は、肌が弱い方にはおすすめ出来ません。

肌を痛めてしまう可能性があります。

コインランドリーで洗濯、乾燥

丸洗い不可の布団の場合は、洗濯すると中綿が偏る場合があるのであまりおすすめはしません。

 

丸洗い可の布団であれば、コインランドリーだと洗濯からしっかり乾燥までやってくれるのでおすすめです。

省子
楽ちんね!

クリーニングを頼む

布団専用のクリーニングだと安心して任せられます

布団の素材によってはクリーニングに出せないものもあるので気をつけましょう。

 

まとめ

それでは、毎日布団を上げなくてもできる簡単なカビ対策についてまとめていきます。

まとめ
  1. カビ対策を行うなら、温度、湿気、ホコリやゴミ、酸素に気をつける
  2. もしカビが生えたら、重曹や洗濯用漂白剤を用いる方法、コインランドリー、クリーニングを行う
  3. カビが生えている面積が大きいと手遅れな場合が多い

 

日頃の管理をしっかり行っていれば、毎日布団を上げなくてもカビ対策出来ることがわかりました。

少し気をつけるだけでカビ対策を行えるので、是非実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です