布団クリーニングに出す6つのメリット。子どもをダニ刺されから守る!

その布団ヤバくない?布団をクリーニングしよう

布団は定期的にお手入れできてますか?え、干してるだけ!?

 

その布団、ヤバいんじゃない!?

 

毎日使う布団なのに、カビやダニのパラダイスになっているかも!!ダニパラですよ。

 

ダニパラ・カビパラになっていると、大人だけでなく子供や赤ちゃんのダニ刺されや健康にも支障をきたします。

アレルギーによる咳や年中鼻炎の原因になったり、背中ニキビの原因になったり…

 

家で洗えればいいのですが、羽毛など洗えないものも多いし洗濯機に入らない。

コインランドリーも重いから持っていくのが大変。

 

8割ほどの人が一度も布団をクリーニングに出したことがないそうです。

カビやダニだけでなく、お手入れしない布団はいろいろ溜まっていて健康にもよくありません。

 

毎日快適な睡眠を確保するためにも、布団をクリーニングに出すメリットをご紹介します。

布団をクリーニングに出すメリット

布団をクリーニングに出すメリットとは?

  • キレイになる
  • ふかふかになる
  • ダニやカビの心配がなくなる
  • 布団を長く使える

など、たくさんあります。

こちらを読めば、クリーニングに出さない理由がなくなりますよ。

 

ダニやアレルゲンの除去で子供のアレルギー源をなくせる

布団で気になるのはやっぱりダニ(ハウスダスト)。どこの家庭でも1番の悩みの種だと思います。

 

特にアレルギー体質の方には死活問題!

もちろん、体が小さい子供や赤ちゃんにとっても大問題。

 

できるだけ駆逐したいですよね。

 

クリーニングに出せばそれが解決!

洗うことによりダニの死骸などはキレイになくすことができ、アレルギーの原因を排除できます。

 

早くからアレルギー体質にさせないためにも、布団を定期的にクリーニングに出すことはとても重要です。

ずっと鼻炎気味だったりしている子も、布団を清潔にすることで良くなるかもしれません。

 

カビを除去して子供の健康管理を

黒いポツポツしたもの、ありませんか?

特に敷布団の裏とか。見つけた日にはゾワっとしますし安眠もできません。

 

でもカビハイターは色落ちもするし健康に良くなさそうだしあまり使いたくないですよね。

黒くなる前にクリーニングに出せば安心です。

 

さらにカビは病気の原因にもなるのでなるべく発生を防ぎたいもの。

 

効果的なのはスノコマットを敷いたり、毎日でなくてもいいので立てて風通しさせることです。

寝ている時はコップ一杯ほどの汗をかいているので、ジメジメしたままだとすぐにカビが繁殖してしまいます。

 

特に赤ちゃんや子供は代謝がよく汗もかきやすいので、思っている以上に布団へ汗が染み込んでいます。

 

エサとなる皮脂やフケ、湿気が多いので布団は最高の環境なのです。

こまめに干す、そして洗うことが大事です。

 

黒いシミができてしまっている場合でも、しっかり洗って干せば問題はなくなるようです。

 

これってカビかも…?を体験しないためにも、しっかりお手入れすることが大切です。

布団を毎日上げるのがめんどくさい人へ。簡単にできるカビ対策!

省子
めんどくさがりでもできる!

 

保温力の回復効果

新品の時と比べて、ふんわり感がなくなりへたってきていませんか?

そのままだと布団の保湿力もへたってきてしまいます。

 

洗うことにより、ヘタリもだいぶ改善されます。

ふかふかのお布団だと気持ちよく眠れます。

 

ニオイの原因をしっかり除去

汗や皮脂などの汚れで布団は結構臭います。

 

臭うということは原因である雑菌が蔓延している証拠。

 

洗ってニオイも解決しましょう。

 

お布団を長持ちさせる

お手入れしていない羽毛や羊毛布団は、保温力やふわふわ感などの機能が低下し快適から遠ざかっていってしまいます。

その布団、買った時より重くなってきているのでは?

 

それは水分や汚れが溜まっているということ。

クリーニングに出せば機能が回復し長持ちさせることができます。

 

汚れたままで使い続けると、劣化が早まりお気に入りの布団と早くサヨナラすることになってしまいます。

 

買ってきたときのようなあの感動をもう一度。

 

おもらし、嘔吐物などの汚れもきれいに

お子さんやペットがいる家庭では避けて通れない道です。

おねしょや突然の嘔吐、ペットの毛や汚れ。結構気になりますよね。

 

クリーニングすれば臭いもシミもスッキリ落とせます!(シミが頑固なものは落ちないこともあります)

 

いかがでしょうか?布団をクリーニングに出すのはメリットしかありません。

これだけあるとクリーニングに出さない理由はないですよね。

 

快適布団で良い睡眠を取るためにも、是非クリーニングをしましょう。

 

クリーニングに出さないデメリット

お手入れしてない布団はどれだけヤバいのか。相当ヤバいです。

何回も言っていますがダニパラです。

 

汚れがたまりにたまった布団がどうなっているのか見ていきましょう。

 

ダニやダニの死骸・抜け殻・フン

ハウスダストと呼ばれるものは主にダニの死骸や抜け殻、フンです。

これらは布団を干したときに軽く叩いたり、掃除機で吸って除去することができます

 

しかし生きているダニは掃除機では吸えません。

布団を干したときに強く叩くと、中へ中へと潜ってしまい逆効果です。

 

憎きダニ!!人類の敵!どうしたら駆逐できるんだ…!

安心してください、駆逐できますよ!

 

 

ダニは50度以上の温度で30分以上の環境で息絶えます。

 

夏の日差しで天日干しも効果ありますが、梅雨などではなかなか難しいですよね。

 

家で乾燥機があるなら乾燥機を使うのも手です。

ダニ対策コースがついている洗濯乾燥機も最近は多いですね。

 

乾燥で死滅させてから洗い流せばほぼ完璧に駆逐できます。

 

ダニパラを壊滅させればアレルギー性鼻炎に悩まされることも少なくなり、お子さんのハウスダストアレルギーの予防にもなります!

ダニ刺されの原因は布団かも?子供や赤ちゃんを害虫から守る方法。

 

カビや細菌など病原菌の巣窟

カビや細菌類はジメジメした場所を好みます。

お風呂場なんかもカビに悩みますよね。

 

布団も同じく湿気が多いためカビが繁殖しやすくなります。

 

カビなどをそのままにしていると咳が続いたり鼻の調子が悪くなったり、さらに悪くなると気管支や肺の病気の原因になります。

 

省子
目に見えないから余計怖い…

背中のニキビに悩んでいるのでしたら、カビが原因かもしれませんよ…

ゆう太
カビがあると良いことは一つもないから、定期的に排除だな。

布団のカビは背中ニキビの原因に?背中のブツブツへの対処法。

 

汗が染み込んだ布団は風邪の元!

人は毎晩コップ一杯分の汗をかきます

それが何日分もしみ込むと相当な量になりますね。

 

1年分で72リットル、なんと500mlペットボトルが144本分にもなります!!

赤ちゃん・子供でも寝汗がとても多いので、洗っていない布団にはかなり汗が染み込んでいます。

 

汗がたまっていることで、なかなか布団が暖まらなくなり風邪をひきやすくなってしまいます。

 

汗の水分は干せば蒸発していきますが、汗には塩分が含まれていますよね。

塩分は天日干ししても抜けずに残ってしまいます。

 

その塩分が溜まると、

  • ジメジメする
  • 冬に温まりにくい
  • 天日干ししても変わった気がしない

ということにつながります。

 

布団がジメジメしていると良い睡眠も取りづらくなるので、お子さんがいる方は特に気を付けてほしいポイントです。

 

 

睡眠の質の向上は集中力の向上につながり、仕事や学習にもいい影響をもたらしてくれます。

健康は良い睡眠から。しっかり寝るためにもしっかりお手入れしましょう。

 

皮脂、フケやアカが溜まると…

生きていればフケやアカは必ず出ます。皮脂も出ます。

生きてるんだもの。しょうがないです。

 

でも!皮脂やフケがついた布団を洗わないと、それをエサにしてダニが住み着き、ダニのマンションが完成します。

 

皮脂汚れを放置すると雑菌も増えてシミもできてしまいます。

枕を嗅いでみると結構臭ったりするのでは?においの原因は雑菌です。

 

布団にも花粉がつく!

花粉症の人には重要な問題ですよね。

花粉は換気したり外から帰ったときに服などについてきて、布団にも付着します。

 

朝起きると鼻炎がひどい…そんな方は寝ている間に布団についた花粉でアレルギー反応を起こしているかもしれません。

 

だけど外干しはできない。そんなときは頻繁にクリーニングしましょう。

 

2セットの布団をローテーションすると、いつでもクリーニングに出すことができるので清潔感を保てるのでおススメです。

花粉症に悩む人のためのお助けグッズもいろいろあります。

花粉もハウスダストもキレイになります。

 

おねしょ・尿のにおいが取れる

お子さんやペットにおねしょされてしまったり、お漏らしされてしまったら。

すぐに洗えないし臭いは消えないし困りますよね。天日干ししてもしみ込んだ尿の成分は残ったまま。

 

早めに洗ってしまえばシミも残らず清潔にすることができます。

 

時間がない、どうしてもクリーニングできないときはクエン酸・酢を使いましょう。

アンモニア臭はアルカリ性なので、酸性のクエン酸や酢を洗濯時に使えば臭いが取れます

 

酢なら大抵の家庭にはありますし、乾けば酢のにおいも消えるのでお試しを。

 

ペットの毛もさっぱりキレイに

猫を飼っている方ならご存じの通りですが、猫は布団に潜ったり、布団を占領して寝ていたり、枕は自分のもののように使っていたりします。

 

布団に毛やフケが落ちるとダニのエサが増えてしまいます。

 

毎日お風呂に入れているなら別ですが、お家の中にずっといる猫さんでも結構汚れているんです。

床や玄関で寝てたりしますし。

 

特に外に散歩に行く猫さんはもっと汚れています。

ノミダニ予防をしていない子はノミダニと添い寝している可能性が高いです。

 

犬さんも外にお散歩行きますよね。足を拭いていてもフケや毛は結構つきます。

毛にはホコリもつきやすいですし雑菌のおいしいごはんになります。

 

目に入れても痛くない、むしろ入れたいくらい可愛いペットではありますが、ペットのためにもキレイにしてあげましょう。

 

喜んでくれるはず!

省子
このふとん、毛がすごいわ

ゆう太
そんな布団じゃ気持ちよく寝られないよ

 

布団をクリーニングに出す頻度やタイミングは?

汚れ具合や布団の機能にもよりますが、一般的には半年から一年に一度出すのがオススメ。

 

ダニやカビ、ハウスダストアレルギーの方は1シーズンごとなどなるべく頻繁に出すようにすると更に清潔に過ごせます。

 

夏物、冬物が終わったら出す。シーズン前に出すともっと効果的!

クリーニング中はお客様用寝具などで代用するか、選手交代用の布団を一式持っておくとベストです。

 

急なお客が来てもお子さんにおねしょされても汚されても、一式あると困らないので予備を持っておくと便利ですよ。

 

心にも余裕が生まれます。

省子
布団をしまう前には絶対に出す!
ゆう太
シーズンが来て出すたびに新品みたいにフワフワだと嬉しいね

引っ越しのタイミングで出しておけば、荷物も減らせますし布団も新鮮な気分になれます♪

 

クリーニングにだせる布団、出せない布団

クリーニングに出せる布団と出せない布団があります。

洗濯マークを確認し、手洗い表示があればクリーニングは可能です!

 

洗えるふとん
  1. 羊毛布団
  2. 羽毛布団
  3. 綿わた布団
  4. 毛布
  5. ベビー布団
  6. こたつ布団

大きさにもよりますが、これらはクリーニング可能です。

布団は水洗いが基本ですが、ドライ表示になっているものでも可能のようです。

 

ただし破れがあったりほつれがひどかったりすると引き受けてもらえないものもあるので、事前に確認しましょう。

 

クリーニングできない布団
  1. マットレス
  2. ノンキルト布団
  3. ムートン(羊毛)素材など毛皮製品
  4. ムアツ布団
  5. 本革使用
  6. シルクが使われているもの
  7. 電気毛布など特殊な素材が入っているもの
  8. 破れ・穴があるもの
  9. 汚れや臭いがひどいもの
  10. 嘔吐物・排せつ物がついているもの
  11. ビーズなどが入っているもの
  12. その他
    店によっては不可能と判断されることがあります。

あまりに汚れていたりしなければ、大体の普通の布団ならクリーニング可能です。

クイーンサイズ以上の大きいサイズは業者によるので要確認です。

 

布団のクリーニングで注意すること

  • 色落ち・シワ・光沢感がなくなる

濃い色やプリントされている布団は色落ちする可能性があります。

布団の加工によっては洗うことにより加工の効果がなくなってしまい、光沢がなくなったりシワになってしまうこともあります。

 

  • 絹が含まれている

絹製品特有の光沢が失われたり、毛羽立つ、少しシワが寄ってしまったり仕上がりに難が出る場合があります。

 

  • 破れ、ほつれがある場合被害が広がることも

丁寧にクリーニングしてもらえますが、破れが広がったりほつれがひどくなることもあります。

気づかなかった小さな穴が広がって使えなくなっていた…なんてことになったら悲しいですね。

 

  • 素材によるが縮む恐れも

羊毛など動物性の製品の場合、縮んでしまうことがあります。

 

トラブルを防ぐためにも、事前にクリーニング可能かどうか布団側とお店側にしっかり確認しましょう!

 

布団クリーニングの疑問を解決!

ふとんをクリーニングに出したいけど…疑問や不安は付きもの。

よくある疑問や回答を紹介します。

 

ドライ表示なんだけど水洗いはできる?
水洗いできます!専門技術をもったクリーニング業者なら基本的に可能なので、心配いりません。

 

防ダニオプションを付けたいけど健康に問題はないの?

防ダニ加工は薬剤を使用するので、健康に悪影響がないとはいいきれないようです。

定期的に洗うほうが効果的で安心です。

 

シミ抜きはお願いできる?
コースによってはシミ抜きが対象外になることがありますので、確認が必要です。

 

何年も使っている古い布団でもクリーニングできるの?
破れやほつれ、穴がなければ受け付けてもらえます。布団自体の状態が悪いと破れの原因になるのでクリーニング不可になることもあります。

 

コインランドリー・自宅で洗った方がいいのでは?
コインランドリーや自宅で洗うことできますが、質の低下につながったり、しっかり洗えないことがあるのでクリーニング業者にお願いしたほうが確実です。

 

仕上がりや納期はどれくらい?
業者にもよりますが、10日~21日くらいのところが多いです。

 

枕のクリーニングはどうしたらいい?

布団よりもずっと汚れのつきやすい枕。汗もたっぷり染み込んでいます。

よく見るとシミがついていたり、カバーを頻繁に洗っていないと臭ってきたりしていませんか?

 

洗える枕もたくさん出ているので、洗える枕を二個持っているとローテーションできるのでキレイをキープできます。

 

洗えない素材の枕もありますので、まずはクリーニング店に相談しましょう。

枕(低反発・羽毛)のクリーニング料金相場は?家でできる洗い方も紹介!

 

ふとんクリーニング業者もさまざま

布団クリーニングを行っているクリーニングサービスもさまざまです。

 

サービス一覧については別の記事で触れますが、ここでは簡単にどんな業者があるかだけ紹介しておきます。

 

いろいろな特徴があるので自分の布団に合っているかチェックしましょう☆

リナビスのふとん丸ごと水洗い・宅配クリーニング



24時間受付OK・最大12ヶ月間保管可能!おせっかいサービスで評判です。

 

せんたく便のふとんパック



ダニの除去率100%、ふんわり仕上がりの丸洗いコースがあります。

 

布団クリーニングはふとんリネット



布団3枚12,800円~、初回1000円オフがありオトク!

 

少量高品質仕上げの宅配クリーニング【リコーべ】

宅配クリーニング【recobe】

ネット注文工場対応 職人1人あたり10名限定。

 

羽毛布団専用のクリーニング【ダウネット】

羽毛布団専門で技術の高さがウリです。

まとめ

布団をクリーニングに出すメリット、出さないとどれだけヤバいのか?

ここまで読んでいただけていればもうお分かりかと思います。

 

書いていて「あ、うちの布団かなりヤバい」と思いました…

布団をクリーニングに出さない8割の中の1人でした。

 

簡単なお手入れだけでもかなり違ってくるので、今使用中のふとんはきちんとお手入れしましょう。

 

宅配クリーニングは持ち運びしなくていいので、どなたでも簡単にクリーニングに出せます。

 

小さなお子さんがいるとクリーニングに出しに行くのは面倒だし大変ですが、宅配クリーニングならおうちにいながらクリーニング可能です。

 

お子さんの健康を守るためにもぜひクリーニングを活用して質のいい睡眠をとらせてあげてくださいね。

 

シーズン前と使い終わった後はしっかりクリーニングして、いつでも気持ち良く眠れるようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です