ドライクリーニングとウェットクリーニングの違いを調べてみた。

皆さん、大事なお洋服をクリーニングに出すときドライクリーニングとウェットクリーニングと言う言葉を聞いた事はありますか?

このドライやウェットというのはクリーニング方法の名前になります。

今回はこのドライクリーニング(一般的なクリーニング)とウェットクリーニングの違いについて説明しようと思います。

ドライクリーニングとウェットクリーニングの違いは?

ドライクリーニングとは?

皆さんが普段使用するクリーニング屋さんで行う一般的な方法の事をドライクリニーングと言います。

主に油溶性の汚れ(皮脂汚れや化粧品の汚れなど)を落とす事ができます。

 

油溶性の汚れとは

  • 皮脂汚れ
  • ファンデーション
  • 口紅
  • クレヨン

などがあります。

 

水を利用せず有機溶剤を使用して汚れを落とすクリーニング方法です。

型崩れしにくく、色落ちを気にせず衣類を傷める心配はありません。

 

水洗いすると、形崩れしやすいお洋服や色落ちしてしまうお洋服を水を使用しないで洗濯する方法はないか?と開発された方法になります。

 

デメリットととしては、水溶性の汚れはこのドライクリーニングでは落とす事が出来ません。

水を使わないで汚れは本当に落ちるの?

ここで水を使わないでどうやって汚れを落としているのか不思議に思った方もいると思います。

簡単に説明すると水の替わりに有機溶剤をします。

 

この有機溶剤は石油系、塩素系、フッ素系の3種類あります。

 

この有機溶剤と汚れを落とす洗剤を使用してお洋服を綺麗にします。

また、有機溶剤は下水で流す事ができない為、使用した有機溶剤に溶け出した汚れをキレイに処理し、再利用します。環境に配慮していてエコですよね。

ウェットクリーニングとは?

ドライクリーニングでは落とせなかった水溶性の汚れ(汗による汚れなど)を落とす事ができます。

一般的にドライクリーニングの後に行う方法になります。

 

水溶性の汚れとは

  • アルコール類(ワインなど)
  • しょうゆ
  • ソース
  • 紅茶、緑茶

などがあります。

 

水を利用して専用の洗剤を使用した洗浄液で汚れを落とすクリーニング方法です。

水を利用して汚れを落とす方法は私たちが普段、洗濯機を使用しているのでなじみがありますよね。

 

しかし、コートやスーツをお洗濯すると型崩れを起こします。汚れは落ちても大事なお洋服が着られなくなってしまうのは悲しいですよね。

という事は、ウェットクリーニングは利用しない方が良いと思われる方もいますよね。

 

大丈夫です!

ドライクリーニングでは落とせない汚れ(水溶性の汚れ)を水を利用してお洋服を傷めないように優しく扱い、汚れを落とす技術がクリニーング屋さんにはあります。

 

ただ、経験によって仕上がりにバラつきがあるのがデメリットになります。

クリーニング屋さんの腕の見せどころですね。

染み抜きではダメなの?

水溶性の汚れはウェットクリーニングとお話ししましたが、染み抜きでも対応が出来るのではないか?

そう思われた方もいると思います。

 

先程、ご紹介したウェットクリーニングは通常、水洗いが出来ないお洋服に水溶性の汚れを落とす際に効力を発揮します。

しかし、いつ着いたか分からない、何の染みか分からない、変色しているなどの場合は染み抜きをおすすめします。

汗じみはどっち?

夏も終わり衣替えするとき夏物に汗じみがあったり洗濯しても汗臭い気がする…

そんな経験ありませんか?

 

そんなときクリーニングに出したいけど汗じみと汗の臭いはドライクリーニングだけで落とせるのか?それとも染み抜きが良いのか疑問に思っている方もいると思います。

 

結論を言うとドライクリーニングだけではしっかり落とす事が出来ません。

 

また、染み抜きも臭いまでは落とす事ができません。

なので、汗じみ、汗の匂いにはウェットクリーニングをおすすめ致します。

まとめ

さて今回はドライクリーニングとウェットクリーニングの違いについてご紹介しました。

 

簡単にまとめると、ドライクリーニングとは、水を利用せず油溶性の汚れを落とす事が出来る。水洗い出来ないお洋服の汚れを落とす事ができる。

 

ウェットクリーニングとは、ドライクリーニングでは落とせない水溶性の汚れを落とす事ができる。

 

このことから、

  • 油溶性の汚れは→ドライクリーニング。
  • 水溶性の汚れは→ドライクリーニング+ウェットクリーニング。
  • いつ着いたか分からない染みや何の染みか分からない場合は→ドライクリーニング+染み抜き。
  • またはドライクリーニング+ウェットクリーニング+染み抜き

を使いこなしていただけたらと思います。

 

デメリットとしては、ウェットクリーニングや染み抜きは追加料金が掛かってしまう事です。

 

汚れ具合や洋服によってクリーニング方法を上手に利用すると大事なお洋服も長持ちするし、毎日着る服だからこそ
更に大事にしたい気持ちになりますね。

 

そしてお出かけも楽しくなりますね!

それでは、少しでも皆さまの参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です