アトピーの赤ちゃんがいる家庭の布団の掃除方法について。

可愛い我が子がアトピー性皮膚炎になってしまった…

そんな時症状を少しでも抑えたいと思うのは当然の親心ですよね。

 

アトピー性皮膚炎の多くの原因は遺伝的要素、アレルゲンです。アレルゲンにはダニ、ハウスダスト、食物があります。その中でも最も多くみられる原因はダニです。

 

布団は家の中でダニが多く潜んでいる所です。そして赤ちゃんは大人と比べて圧倒的に布団にいる時間が長いので常に清潔にしておきたいですよね。

 

そこで今回は赤ちゃんが使う布団のお手入れについて紹介していきたいと思います。

アトピーの赤ちゃんがいる家庭のお手入れについて

それではさっそくですが、アトピーの赤ちゃんがいる家庭がどういった布団のケアをしていけばよいのかをご紹介します!

布団乾燥機+布団クリーナーを使う

実は天日干しは布団の表面のダニしか死滅させることはできません。それに比べて布団乾燥機を使うと布団の隅々までダニを死滅させることができます。

 

しかし布団乾燥機だけではダニやダニの死骸を取り除くことができないので、布団乾燥機を使った後に布団クリーナーを使うと効果的です。

選ぶポイント

重さ 中腰で作業するので軽量の物が良い。

手入れのしやすさ 使用する頻度が高くなればなるほど手入れのしやすさが重要になってきます。個人的には使い捨ての紙パックタイプまたはダストカップが水洗いできるものが清潔に保てて良いと思います。

吸引力 ダニの吸い残しがないよう吸引力は強いに越したことはありませんね。

ゆう太
吸引力+軽量となると値段も高額になるから、お財布と相談だね…(笑)

どのくらいの頻度で使用するの?

布団乾燥機は1週間に1回くらいの頻度で使用し、布団クリーナーはそれよりも多い頻度で使うことをおすすめします。

どうしても忙しくてできない日もあると思います。そのような日はコロコロをするだけでも違いますので是非参考にしてみてください。

防ダニシーツを使用する

高密度生地シーツは普通のシーツと違って高密度で織られているので、ダニを閉じ込めて肌に触れないようにするというものです。

物によっては数回洗濯しただけで生地が緩んでしまう物もあるので慎重に選びましょう。

省子
おいしい話には裏があるってことだね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です